舞妓募集や自分がやりたい求人を要チェック|働きがいマックス

憧れの舞妓

履歴書

舞妓さんは、女性なら一度は憧れたことがあるのではないでしょうか。舞妓さんと言えば、真っ白な肌と、はんなりとした話し方が特徴的です。映画や小説の題材になったり、テレビでも舞妓さんの番組があったりして、多くの人が一度はその存在を見聞きしたことがあるでしょう。しかし、実際はとても大変な世界なのです。

舞妓さんになる時も、普通の仕事と同じように面接があります。まずは舞妓募集の広告を探して、どこかに応募することになります。舞妓募集は随時行われておりますが、最初に履歴書や保護者の同意書を送付しないといけない場合もあります。年齢は15歳くらいから受け付けています。よって、未成年が働く場合は保護者の同意が必要になるのです。

舞妓募集は随時行われていますが、舞妓さんになるまでは長い道のりがあります。最初に、仕込みなどと呼ばれる期間があります。仕込みの期間中は、三味線や踊りの稽古などをします。また、その後に見習い期間などがあり、ここまで来るとようやく舞妓さんとしての道のりがスタートするのです。人と話すのが好きな人には向いています。

舞妓募集に応募しても、すぐに舞妓さんになれるわけではありません。見習い期間がありますので、舞妓さんになるまでに辞めていく人もいます。そのため、最初から仮採用期間を設けているところもあります。約1ヶ月程度の仮採用期間を設けて、そこで改めて舞妓さんになる気があるか確認されるという仕組みです。

舞妓さんと言えば、あのはんなりとした独特のしゃべり方が特徴的です。舞妓さんたちは、京ことばで話しています。「ありがとう」という時は、「おおきに」。「いらっしゃいませ」という時は、「おこしやす」。その他にも、「おきばりやす(頑張って下さい)」など、不思議と心に残る響きがあるのが京ことばです。

四六時中タクシーで走る

ワーカー

神戸等でタクシー求人に応募する際に必要なものが複数あります。まず二種免許です。ない場合は、自動車学校で数日かけて取得出来ます。また、タクシーを運転する地域の地理を把握しておくのも最適です。

住み込みは人脈構築

笑顔の女性

東京で暮らすには、住居確保と仕事探しです。それらの事を一度に解決する方法としては、住み込み仕事に応募することです。仕事も出来て住居も確保出来るだけでなく、同じ部屋に住む先輩社員と仲良く慣れるチャンスです。

舞妓は体育会系

指をさす女性

舞妓募集をする際には、ある程度の覚悟は必要になってくるでしょう。礼儀作法から芸事に至るまで様々な訓練が必要となってくるのです。案外体育系なのです。クリアすれば、舞妓としてきれいな振る舞いが可能になるでしょう。